主婦は借金を踏み倒すことができるのか?


借金に悩んでいる主婦は、一度は借金の踏み倒しということを考えたことがあると思います。

借金を踏み倒すことが可能なのか、それを知っておくことは、マイナスではありません。

知識として、借金を踏み倒すことができるのかどうかを考えて見ましょう。

まず、借金には時効というものがあるのでしょうか。

借金にも時効はあります。

借金の時効は通常は5年です。

その5年間を逃げ切れば、借金が踏み倒せるのでしょうか?

主婦の多重債務者の場合は、クレジットカードローンや消費者金融などたくさんの債権者がいるのが通常です。

カード会社や消費者金融などは債権保存を必ず行います。

5年間で借金が踏み倒せるということはまず無いでしょう。

それは、借金の時効を伸ばすことができるからです。

具体的には確定判決などの債務名義が取得されれば、そこから消滅時効が起算することになります。

その場合の時効の期間は債務名義が取得された日から10年間ということになるのです。

借金を踏み倒すためには、消滅時効が完成する直前に債務名義が消費者金融などによって取得されれば、15年間という長さになるのです。

15年間も借金の取立てから逃げ続けるということは、ほぼ不可能です。

主婦の方は借金の踏み倒しはできないと考えておいたほうがよいでしょう。

借金のことは、やはりプロに相談しなければ、解決しないものです。

借金のプロは弁護士や、司法書士などの法律家。

無料法律相談などで、借金の現状を主婦本人も把握することが重要です。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。